ナルシストでええやん。自分に自身をつける方法教えます。その2

BLOG

自信をつける方法

この記事は後編になります。

まだ前編を読んでいない方はこちらから!

[kanren2 postid=”177″]

マインドセットを変えよう

 

[aside type=”boader”]

いつもいつも血が煮えたぎるほど自信で満ち溢れてる人

落ち込みやすく何事もネガティブに捉えてしまう人

[/aside]

その人たちの違いはマインドセットにあります。

マインドセットとは心の在り方という意味になりますね。

ただ心の在り方と言われてもピンとこないと思うので、ここでは思考という解釈でおけ。

もしあなたが落ち込み思考ならば、行動を変えるよりもまず、思考を変えることが自信をつける近道になります。

自分に自信をつけるためには、今のマインドセットを変えなければなりません。

 

じゃあマインドセットを変えればすぐ自信がつくんだなって思った方

 

ちょっと待ってください。

 

口で言うのは簡単なんですが、それが意外と難しいんですよ。

昨日まで落ち込み思考だった人が、今日突然陽気に鼻歌歌いながら通勤してくることってないですよね笑

この人に一体なにがあった。なります…

 

マインドセットとは生まれ持った性質や、今までの環境で自然に形成されることがほとんど。

長期にかけて形成されたマインドセットは簡単に変わることはないでしょう。

 

なんか今さらっと現実に突き落とすような発言してる自分が申し訳ない気持ちになった。

 

でも焦る必要はございません。

自分の思考や価値観を見つめ直すきっかけを自分で作ると、少しずつですが確実に、マインドセットも変わることでしょう。

そうすれば自ずと自分に自信もつきやすくなります。

 

自分が落ち込み思考であるならば、行動するよりも前に、まずはその思考を見直すことが自信をつける近道になります。

ぜひマインドセットを変えることから始めよう。

 

レッツトライ!(お洒落風)

 

マインドセットを変える4つの思考

マインドセットを変えるためのヒントとして、これから4つの思考を紹介します。

それらの思考を意識して身に付けることができれば、マインドセットも自ずと変わっていくでしょう。

1. 周りと比較するべからず

おそらく、自信がない人に多いパターンかもですね。

わたしも、聴覚障害を持つ自分と健常者を比較して自分をひたすら悲観していました。

 

しかし、人間には自分と全く同じ人など存在しないですし、人に合わせる必要性は全くありません。

相手と同じ土俵に立たなくてもいいんです。
(スポーツなど、勝負の世界とは話は別)

 

自分を見つめ直し、昨日の自分より成長することを目標にすれば、その努力はさほど苦痛ではないと思います。

2. 自分のわずかな成長を実感せよ

自分の小さな成長は自分にしかわからないと思います。

だからこそそのわずかな成長をたくさん積み重ねて実感することが、自信をつける一歩です。

 

初めから、自分とは程遠い人になろうと努力することは間違いではありませんが、モチベーションを保つことは厳しいでしょう。

勿論、一つの目標設定としては全然ありです。

 

大切なのは、欲張らず、焦らず少しずつ自分を成長し続けることです。

3. 目を向けべき人はアンチではなく応援してくれる人

人の脳は人類誕生の時から備わっていた防衛本能からか、ネガティブ情報が強くインプットされるような仕組みになってるようです。

つまり、SNSでの100件近くの応援コメントより、1件のアンチコメントが脳にインプットされやすいそうだ。

なんとも不思議な現象ですね。

 

しかし、人のために行動してるのであれば、アンチコメントを寄せる人に無理に合わせる必要はないのです。

 

それよりも応援してくれる人に目を向け、より良いパフォーマンスを提供できるよう意識してみましょう。

そうすれば、アンチコメントなど気にしなくなると思います。

4. たくさん失敗せよ。完璧を目指すな

個人的にめちゃくちゃ重要

成功してみんなから支持され、厚い信頼を得てる人は誰もが憧れる存在ですよね。

ニュースやSNSなどで成功してる人の記事を見かけると、私も思わず「かっこいいなぁ」って心の声が漏れます。

 

でも最初から完璧な人など存在しないのです。

成功してる人たちも初めは、みんなの見えないところでたくさん挑戦してたくさん失敗を繰り返してきました。

 

挑戦できる人とそうでない人の違いは

[aside type=”boader”]失敗を恐れないこと[/aside]

これに尽きるでしょう。

 

失敗はマイナスなイメージがありますが、それは大きな間違いです。

失敗があって始めて人は成長するのです。

 

かつて飛行機を開発したあのライト兄弟。

あの兄弟も飛行機を開発するのに幾度の挑戦と失敗を繰り返し、ようやく成功したという話は今も有名である。

 

[aside type=”boader”]失敗は成功のもと [/aside]

この言葉は常に成功する人たちが揃って口にする言葉です。

失敗を恐れず、むしろ失敗するぞという気持ちで挑戦すると、自信がつきやすいでしょう。

 

あとがき

[aside type=”boader”]

周りと比較するべからず

自分のわずかな成長を実感せよ

目を向けるべきはアンチではなく応援してくれる人

たくさん失敗せよ。完璧を目指すな

[/aside]

以上の4つの思考を意識すれば、自分の少しずつマインドセットが変わっていくでしょう。

前述の通り、マインドセットは数日で簡単に変わることは難しいです。

 

それでも焦らず自分を見つめ直して少しずつ変えていけば、きっと自然に自信がつきやすくなります。

この記事を読んだあなたも今日から自信たっぷりのナルシストになりましょう!