聴覚障害者におすすめするアルバイト4選

未分類

聴覚障害者って理由だけで断られるアルバイトが多い

聴覚障害に理解のアルバイト先で働きたい

今回はそんなアルバイトについて悩んでる聴覚障害者に向けての記事になります。
 
聴覚障害を持つ私が数々のあるアルバイトをした経験、聴覚障害者の知り合いから実際に聞いた情報などをまとめた内容になっています。
 
この記事では私がおすすめするアルバイトを4選紹介します。
 
これを読めばアルバイトを選ぶとき、きっと参考になるでしょう。

私がおすすめするアルバイト4選

  • マクドナルド
  • ユニクロ
  • GU
  • スターバックス

マクドナルド


マクドナルドは今回紹介する4選の中でもダントツで聴覚障害者雇用率が高いです。
 
その理由は、障害者雇用促進法に基づいて、積極的に障害者を雇用している背景にあります。

マクドナルドの店舗では、年齢、性別、性格や価値観等、さまざまな違いを持った人たちが働いています。障害のある、なしに関わらず、さまざまな違いを超えて、一人ひとりが尊重され、多様な個性と能力が発揮できる組織づくり、職場環境の提供に努めています。
障害を持つ人をクルーとして迎え入れ、チームの一員としてともに働く喜びを分かち合う。それは決して特別なことではなく、現在でも多くの店舗で障害を持ったクルーが活躍しています。
マクドナルドは、「人が企業の成長をつくり、企業を支えるのは人そのものである」という考えのもと、すべての人の成長を価値あるものとして大切にし、全力でサポートしていきます。
 
引用元:マクドナルド障害者の雇用

マクドナルドに行くと外国人が働いている姿をよく目にすると思います。
その裏では健常者だけでなく、障害者が働いている店舗も少なくないでしょう。
 
そのように、国籍や障害の有無関係なく雇用してくれる魅力的なアルバイトの1つと言えます。
 
耳の症状が重い聴覚障害者でも、キッチン内でできる担当がありますので、客とコミュニケーションをとる必要もなく、安心して働くことができます。

ユニクロ


ユニクロは雇用者の多様性を尊重するファーストリテイリンググループの1つです。

ファーストリテイリングでは、2001年の国内ユニクロでのスタートを皮切りに、障がい者雇用を積極的に進めています。2012年度以降は、「1店舗1名以上の障がい者を雇用する」という目標を、新店をのぞいてほぼ達成しています。障がいのあるスタッフと一緒に仕事をすることで、チームワークの大切さを学んだり、お客様へのサービス精神が培われたりするなど、他の従業員への教育にもメリットが大きいことが確認されています。2019年の国内ファーストリテイリンググループの障がい者雇用率は5.02%※と、日本の法定雇用率(2.2%)を大幅に超えています。
 
ファーストリテイリング多様性の尊重

最近広い面積を占める店舗が増えており、取り扱う商品の数も大幅に増えています。
 
そのためそのような店舗の裏で商品の整理をする仕事も増えてますので、聴覚障害者でも表に出る必要性がなく安心して働けます。
 
今はまだ障害者が働いてるという情報は少ないですが、これからどんどん増えてくるでしょう。

GU

GUもユニクロと同じファーストリテイリンググループの1つです。
 
そのため、ここ最近聴覚障害者も雇用しているという情報がちらほら耳に入ります。
 
ユニクロ同様、GUにもこれから障害者が働く店舗が増えてくるでしょう。
アパレルのアルバイトを希望しているなら、ユニクロだけでなくGUも検討してみていいかもしれません。

スターバックス


スターバックスは日本の店舗でも米国の店舗に次いで、聴覚障害者の雇用が増えています。
 
また、上記の3つと異なることが、聴覚障害者でも客と接客できるという点です。
 
マレーシア、アメリカ、中国ではほぼ聴覚障害者だけが働いている店舗「手話ストア」がオープンされている。


日本ではまだそのような店舗は出ていませんが、一日限定で聴覚障害者だけで営業する「サイニングデー(手話の日)」が行われている。

コーヒーチェーン大手のスターバックスで、聴覚障害者が中心となって働く「手話店舗」がマレーシア、アメリカ、中国で相次いでオープンし、注目が集まっている。日本でも、アルバイトや店長ら現場の提案で、これまで神奈川、東京の計4店舗が「サイニングデー(手話の日)」と題したイベントを開き、「手話教室」を開いて手話の普及に取り組む店も出てきている。
 
引用元:朝日新聞 スターバックス

耳の症状が重い聴覚障害者でも実際に接客をしているので、もしも裏でなく表で接客をするアルバイトがしたいと考えているならおすすめです。

まとめ


いかがだったでしょうか?
今回は聴覚障害者が働けるアルバイトを4選紹介しました。

  • マクドナルド
  • ユニクロ
  • GU
  • スターバックス

そのほかにも飲食業や居酒屋業など、聴覚障害者を雇用するアルバイト先は最近増えています。
客の聴覚障害に対する理解も年々深まってきてるように感じます。
 
ぜひアルバイトを探す時の参考にしてください。